2009年03月10日

ピーリングとは

ビーリングとは、一言で言えば、皮脂の表面をこすって角質をはがすこと。

角栓毛穴、たるみ毛穴、メラニン毛穴、うぶ毛毛穴など。

毛穴の種類によって毛穴のつまり・毛穴のひらきには、ピーリングをエステ等で行えます。


肌に溜まった古い角質を取り除き、新しい本来の角質を取り戻すのがピーリングです。

エステでは、毛穴のお掃除ではなく、お肌の老化した角質・肌内部の老廃物をエステで取り除くことによって、ターンオーバー(お肌の生まれ変わり)を促すというのが
ピーリングの目的です。


年齢と共に遅くなっていくターンオーバーのリズム。

健康なお肌は表皮の一番上にある角質は自然に生まれ変わっていきます。

ターンオーバーの遅れを正常に戻す方法の1つにピーリングがあげられます。

ピーリングは、老化したお肌を脱ぎ捨て「やわらかさ」と「透明感」ある、生まれたての肌を目指します。


しかし、自分でするピーリングは、治療法やピーリングの仕組みなどを理解していないことが非常に多いです。

これでは、自分でできるとしても、良い結果は得られないように思います。

出来ればきちんとしたクリニック・エステサロン等で治療することをお勧めします。

posted by みるく at 22:54| ピーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ピーリング どこでできるの

ピーリングを出来る所は、大きく分けて3つ。


一つ目に、皮膚科クリニック・形成外科クリニックで施術されるピーリングです。

医療行為であり専門の知識をもった医師が、ひとりひとりに合わせた処方で行います。

カウンセリングで症状を確認して肌チェックを行い、薬剤などを肌に浸透させ、肌内部の細胞に働きかけ老廃物を除去します。

使用する薬剤は医師だけが扱うことのできるものです。

酸の濃度が濃いほど肌内部の真皮層にまで浸透し、美肌効果を高めます。

ピーリング終了後はビタミンC誘導体をイオン導入してピーリング効果をさらに高めます。


二つ目、エステテックサロンで受けることもできます。

施術法も新しい技術を取り入れるなど、エステテックサロンは進化しています。

皮膚科クリニックや形成外科クリニックでの施術と違うところは、
使用する薬剤の濃度が低いことです。

だからといって効果が薄いかというとそうではありません。
エステテックサロンでは、常に新しい技術を導入するなど、美の追求に余念がありません。

医療行為には入りませんが、効果は十分に得られるものと思います。


三つ目、家で行うホームピーリングです。

市販のホームピーリング用のせっけんやジェルなどを使い、
自宅で気軽に行うことができるのが魅力です。

但し、ピーリングは正しい知識を持って行わないと
トラブルを起こすこともあります。

ホームピーリングの製品は、濃度も薄く設定されていますが、
角質を取り除く力が強いので、肌にとってまだ必要な若い角質まで
除去することがないように、使用する際はよく注意書きを読み、
終わったあとは化粧水などで十分な保湿をしてあげることも大切です。


効果は、専門のクリニックがもっとも大きく、エステテックサロン、ホームピーリングです。

ニキビ跡が目立つなど症状が重い場合は、専門クリニックでの治療を。

予算と肌の状態によって使い分けるのが賢明な選び方でしょう。


エステの価格が様々なように、ピーリングの価格も本当にピンきり。初回のみ特別価格で提供しているとこが大半なので、
お試し価格で試してみるのも。


ラベル:毛穴エステ
posted by みるく at 23:00| ピーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。